オーナー通信

2008年10月オーナー通信
10月15日発行
管理を委託いただいているオーナー様へ発行しているオーナー通信のバックナンバーです。 法令等については当時の情報となっています。

ユニオン・メディエイト 賃貸事業部からのお知らせ

秋色日毎に深まるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

私たち賃貸事業部では、管理業務システムの改善作業、火災警報器や地上デジタル放送対応工事等の提案など、稼動期に入るとできない業務を詰めて行うなど、忙しい毎日を過ごさせていただいております。

さて、当社では「賃貸管理にまつわるホットなニュースをお伝えすること」「新しい商品やアイディアをご提案すること」を目的に、毎月、定期報告書に添えて本紙をお送りさせていただいております。

今回は、オーナー様の税務に関する業務について、当社でお手伝いできることを2点ご案内させていただきます。お忙しい中とは存じますが、ご高覧いただければ幸いです。


 

税務関連サービスのご案内

  早いもので、今年も残すところ、あと2ヶ月あまりとなりました。オーナー様におかれましては、年が明ければ不動産賃貸業に関する税務申告をなさらねばならず、そろそろ、その準備を始められた方もおられるのではないかと拝察いたします。

当社では、毎年その税務申告のお手伝いを何かできないかと考えておりました。結果、まずは次にご案内するサービスを手始めに、徐々に拡充していこうという考えに至りました。

そのほか、オーナー様が節税対策として、ご所有の(資産)管理会社とサブリース契約を交わしておられるようでしたら、その形式整備(サブリース契約書作成等)のお手伝いもできます。

あわせてご案内させていただきますので、ご高覧・ご検討願います。

 

税務申告作業補助サービス

  今回、私たちが考えました税務申告作業補助サービスは、簡単に言えば、下図のような「不動産所得用収支内訳書」をご提供するというものです。

この内訳書は「貸家・貸地等の別」「不動産の所在地」「賃借人の住所・氏名」「賃貸契約期間」「本年中の収入金額(賃借料〔月額・年額〕、更新料・礼金等、名義書換料その他)「保証金・敷金(期末残高)」から成り、当社で管理させていただいている建物の全てのお部屋について、記載させていただきます。

従来はオーナー様自ら、もしくは税理士の先生のほうで、私どもが毎月提供している「家賃明細」をもとに作成されていたのではないかと思いますが、当社で保管するデータを加工することで簡単に作成できるよう、システム改善をいたしましたので、本年よりご提供させていただくことにした次第です。

前述しましたように、当社に管理委託くださっている全てのオーナー様よりご依頼をいただいても大丈夫なように体制を整備しましたので、「お試し」でも結構ですから、お気軽にお申し付けください。

なお本年、ご依頼いただきましたオーナー様には、翌年以降も引き続きお送りさせていただくようにいたします。

ご不明な点は何なりと、久保田または三浦までお尋ねください。

 

節税対策としてのサブリース契約形式整備のお手伝い

オーナー様が個人で収益物件をご所有なさっている場合、その節税対策として、ご自身の(資産)管理会社へサブリースさせるという方式をとっている方もいらっしゃるのではないかと思います。

また、今後、(資産)管理会社へのサブリースをご検討されているオーナー様もいらっしゃるかもしれませんので、その際、当社でお手伝いできる業務をご案内させていただきます。

 

①サブリース契約書の作成

オーナー様(個人)と(資産)管理会社間で締結するサブリース契約書の作成をお手伝いさせていただきます。基本書式はもちろん、共益費・礼金・更新料の取り扱い、原状回復や修繕の負担割合など、取り決めておくべき事項が多々ございますので、そちらについても、適宜助言させていただきます。

 

②貸主変更通知書

  オーナー様(個人)から(資産)管理会社へ貸主が変わったこと(場合によっては賃料の振込先が変わったこと)を借主に通知し、賃貸借契約書を締結し直す代わりに、「貸主変更通知書」に貸主が変わったことを承諾する旨、署名押印いただいておくことが望ましいです。

当社にて、この「貸主変更通知書」を作成し、借主に配布し、署名押印(承諾)いただく業務をお手伝いさせていただくことができます。

 

③管理業務委託契約書の再作成

  最後に、サブリースすることになった(資産)管理会社と、賃貸管理会社である当社との間で、管理業務委託契約書を交わしておく必要があります。こちらの業務ももちろんお手伝いさせていただきます。

サブリースを利用した節税対策を講じられる際にほかにもお手伝いできることがあるかと思いますので、ご検討中でいらしたら、お気軽にご相談ください。

 

<オーナー様へのお願い>
今回は税務に関して2つのサービスをご案内しましたが、賃貸管理会社として、まだまだお手伝いできることがあるのではないかと考えております。
つきましては、一度、オーナー様の顧問税理士の先生にお引き合わせいただけないでしょうか。直接お話を伺うことで、さらに別のサービスをご提供させていただけるようになるのではないかと考えております。
ご一考いただけましたら、誠に幸いです。

 


 

今回のご報告は以上とさせていただきます。
朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたので、くれぐれもご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。

敬 具

オーナー通信トップに戻る