オーナー通信

2011年2月オーナー通信
2月18日発行
管理を委託いただいているオーナー様へ発行しているオーナー通信のバックナンバーです。 法令等については当時の情報となっています。

暦の上では立春を過ぎたものの、まだまだ厳しい寒さが続いております。オーナー様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか? 私たち賃貸事業部は繁忙期真っ盛り。入居のお申込みが連日いくつも入り、とても賑やかに過ごしております。

さて、当社では「賃貸管理にまつわるホットなニュースをお伝えすること」「新しい商品やアイディアをご提案すること」を目的に、毎月、定期報告書に添えて本紙をお送りしています。

今回は空室の原因セルフチェックリストについてお伝え申し上げたいと思います。

お忙しい中とは存じますが、ぜひご高覧ください。

 


空室の原因セルフチェックリスト

 

営業担当者自身のセルフチェック

本紙先月号で新年の抱負をいくつか述べさせていただきました。そのなかのひとつに「空室問題解決キットを作製したい」というものを入れました。

オーナー様がご所有の物件について、空室期間が長引いている原因をご自身でチェックできるサービスをWeb上でご提供したい、というプランです。
これをお題目で終わらせないよう、早速作製にとりかかったのですが、始めてみると、オーナー様にセルフチェックをしていただく前に、自分たち自身がまずセルフチェックしないといけないということに気がつきました。
そこで、このチェックリストを営業担当者用にアレンジし、まずは住居物件の空室について、全物件チェックを行いました。

今回は、その営業担当者用セルフチェックリストの中身をご紹介し、それを通して、私たちがどの点に留意してリーシング活動を行っているのか、ご案内したいと思います。

 

営業担当者用セルフチェックリスト

まずはじめに営業担当者用の「空室の原因セルフチェックリスト」の中身をダイジェストでご案内いたします。

チェックしている項目は、ほかにもいくつかありますが、その代表的なものをご紹介申し上げます。

1)営業方法

①問合せと内見件数が何件あったか、オーナー様に定期的に報告しているか? その際、それぞれの数値について分析をしているか?
②入居希望者様に内見いただいたあと、その様子や意見、感想を仲介業者にヒアリングし、オーナー様に報告しているか?
③募集活動の具体的な内容を報告しているか?
④募集図面は効果的なものになっているか?
「キャッチコピー・PRポイント」「間取り図」「現地案内図」「その他」の4つの視点から分析を行うこと。
⑤空室の原因を分析し、その内容と対策を適宜オーナー様に提案しているか?
※募集条件の見直し、設備導入等だけではいけない。
⑥仲介業者様への広報は十分であるか?

2)募集条件の決め方

①現在の募集条件はどのように決めたものか?
②近隣の賃貸市況についてオーナー様にご説明しているか?
③競合するであろう物件についての情報をオーナー様にご提供しているか?
④賃料査定は実施しているか?

 

3)内見時の工夫

①夕方や夜でも内見できるよう、室内の照明は点灯できるようにしてあるか?
②お部屋内で積極的にPRしたいポイントを掲示しているか?
③お客様のためにスリッパを設置しているか?
④室内は清潔に保たれているか? 排水臭などはしていないか?
⑤その他、工夫している点はあるか?

 

オーナー様にお伝え申し上げたいこと

営業担当者用のセルフチェックリストは、概ね上記のような内容です。
ここでオーナー様にお伝え申し上げたいのは、空室がなかなか埋まらない原因について、営業担当者自身が最善の努力をしているかどうか、まずは振り返ってみるようにしているということです。

自分自身が努力をし尽くしていないのに、お家賃等の募集条件や設備などが競合物件とくらべ見劣りすると言って、オーナー様に条件引き下げや設備導入をお願いするのは、もってのほかだと考えています。

ご自身の物件について、営業担当者が熱心に、やるべきことをやっているかどうか、オーナー様はすべてお見通しである、だからやるべきことをやらず、オーナー様にとっては不利益になることを提案しても何の説得力ももたない、それは単に時間とオーナー様のお金(家賃収入)を浪費する行為である、とかなり厳しくスタッフに伝えています。

それでも、まだまだ不十分であると思っておりますので、オーナー様のご視点で、営業担当者が十分な営業活動を行っているかどうか、今回ご案内したチェックリストをもとに査定していただきたいと思います。

オーナー様の目にも不十分であるように映りましたら、どうぞ厳しくご指導ください。

この繁忙期で空室を埋めきるために、オーナー様とご一緒に頑張ってまいりたいと思っております。

 

◇税務申告補助サービスのご案内

今年も確定申告の時期がやってまいりました。
当社のオーナー様におかれましては、顧問税 理士に申告手続きを委託されている方、ご自身で申告書類を作成なさっている方と、おられることと存じます。

そのどちらの方法であっても、申告書類作成手続きを省力化できるサービスを当社ではご提供申し上げております。

具体的には、ご所有不動産について、各室ご とに入居者状況と賃料収入をまとめ、データ の状態で提供申し上げるというサービスです。

平成20年より開始した本サービスも4年目 を迎え、すでに多くのオーナー様にご利用いただいておりますが、まだの方もいらっしゃ います。

このサービスは無料でさせていただ いておりますので、ぜひお気軽にお申し付け いただければと存じます。

詳しくは管理課担当スタッフまでお訊ねください。

 


今号は以上でございます。まだしばらく厳しい寒さが続いていくものと思われますので、くれぐれもご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。

 

オーナー通信トップに戻る