オーナー通信

2019年5月オーナー通信
5月10日発行
管理を委託いただいているオーナー様へ発行しているオーナー通信のバックナンバーです。 法令等については当時の情報となっています。

 

ゴールデンウィークの連休を利用し、スタッフそれぞれ旅行や里帰りでリフレッシュさせていただきました。

当方は旬な食べ物と日本酒の毎日でございました。現在は増量した体重を戻すためにランニングに励んでおります。

さて、本紙では、弊社の取り組みや賃貸業界の動向等を中心に毎月お届けさせていただきます。

ご多忙のところ恐れ入りますが、ご高覧いただけますと幸いでございます。

 

UM企業情報・建物無料診断・新入社員紹介

◇賃貸事業部 マネージャー:長尾 智之

【UM企業情報】

不動産業界は、かぼちゃの馬車を運営していたスマートデイズの破産、 スルガ銀行の不正融資問題、TATERUの偽造不正融資問題、レオパレスの施工不良問題等が世間を騒がせました。

売買は2018年度の首都圏のマンション契約率が27年ぶりの低水準だったと報道されました。売買仲介をメインとしている不動産会社の倒産も増加しているようです。

 

そんなニュースが多いなかで「ユニオン・メディエイトは大丈夫?」 と、ご心配をおかけしてはいけませんので弊社企業情報をお知らせさせていただきます。

 

弊社は3月決算でございますが、お蔭様で売り上げ高は過去最高となり、創業以来連続黒字を継続することができました。今期は今まで以上に結果に拘る姿勢を明確にしてAI化が進む未来に対し、人にしかできない価値(サービス)を追求・ご提供していく所存にございます。

 

■弊社帝国データバンクの評点  59点

「健全な経営状態にある企業」との評価でございます。

 

■弊社自己資本比率 71%

40%を超えると倒産しない企業と言われます。弊社は評価の高い「理想的企業」に分類されます。

 

弊社盤石の経営状態でございます。今後ともご安心いただき、末永くご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

◇レジデンス課工事グループ:高橋 典秀              

【建物診断】

レジデンス課工事グループの高橋 典秀(たかはし のりひで)と申します。

登山が趣味で、休日には関東周辺の山を中心に山登りをしております。日々、日差しも暖かくなり、山登りには良いシーズンになりました。60歳までには、日本百名山を制覇したいと考えております。

 

今回のオーナー通信では、大規模修繕についてお話したいと思います。

 

建物の屋上(屋根)、外壁、給排水管等は、日々劣化してまいります。劣化が進みますと、漏水や外壁タイル、ボードの落下等の事故が発生し、入居者様だけでなく、近隣住民の皆様にもご迷惑をおかけすることもございます。

劣化は、進行すればするほどその補修には大きな費用がかかってまいります。こまめに補修をしていただくことで、結果的に大きな出費をすることなく、建物を維持することができます。

※文章末尾に劣化した建物の写真を添付しております。写真のように悪くなってしまう前に修繕することをお勧めいたします。

 

現在、弊社では無料建物診断を実施しております。

報告書のご提出に加えて改修が必要な場合は、見積書を無料で作成させていただきます。

又、ただの修繕だけでなく、業務提携をしております「デザイナー」による競争力を高める大規模修繕も実施しております。

 

大変お手数ではございますが、お電話若しくは弊社ホームページからお気軽にお問合せいただければと存じます。

 

建物診断は、

①屋上(屋根)防水点検

②外壁点検

③屋外階段・共用廊下点検

④共用部 給排水管点検

⑤その他共用設備(給水ポンプ、オートロック、受水槽、共用照明等)点検

を実施いたします。

 

先日、工事グループに大規模修繕専門の担当者が新しく配属され、今までよりもより良いご提案ができる体制となりました。是非ご活用下さいます様、よろしくお願い申し上げます。

 

【屋上防水 ヒビ割れ】

【共用階段 コンクリートヒビ割れ】

【共用廊下 鉄部腐食】

オーナー通信トップに戻る